HT100_350A

肌は内面から作られるものなので、スキンケアよりも生活リズムの方が大切です。
生活リズムというのは、食事、睡眠、運動を規則正しく行うということです。

とはいえ、毎日の肌の手入れがどうでもいいというわけでもありません。
まず、肌につけるものの選び方として、無添加なら大丈夫、高価だから何でも効く、
というわけではないのです。

肌に関する情報は日々増え続け、あふれる一方ですが、
それを取り入れつつ惑わされすぎないように、
ある程度の知識を持って、賢く選ばなければいけません。

無添加という言葉は響きがよく、人に安心感を与えるため盛んに使われていますが、
食品ではないので、スキンケア用品の場合は、
それほど無添加にこだわりすぎない方がいいと思います。

防腐剤などの添加物を嫌う人がいますが、
特にアレルギーを起こさない限り問題はありません。
添加物とはいえ、多くの人には無害で怖がる必要もないのです。
鉱物油も嫌う人がいますが、安全なものです。

界面活性剤は、ある程度気をつけなければいけませんが、
ほとんどの化粧品に入っています。
不使用と記載があっても、それに代わる近いものが入っていると考えたほうがいいでしょう。
界面活性剤の強すぎるものを使うと、肌のセラミドが溶け出して
角質のバリヤー機能が破壊されてしまいます。

見極め方としては、一般的に粘度の高い固めのジェルのようなものは多く使われています。
反対にローションやクリームには少なめに使われています。
肌の弱い人は、ジェルなどは避けたほうがいいかもしれません。